二次会の景品は低予算で種類を揃える

にぎやかな感じ

二次会で景品を揃える時には、色々な種類の物を揃えることができると
にぎやかになって良いものですが、その場合にはお金がかかるものです。

しかし、選び方次第で、低予算であっても色々な種類の
二次会用景品を用意することはできるものです。

例えば、予算が30,000円しかない場合には、豪華な物を
1点用意したら、あとは2点ぐらいでもう予算一杯に
なってしまうことがありますが、あとのアイテムの金額を
少し下げることで、点数を増やすことができるものです。

ジュースの詰め合わせやアイスのギフト券、ティータイムセットは
2,000円から5,000円ぐらいで手に入るものです。

このぐらいの範囲のアイテムを集めるようにすれば、豪華な物が
15,000円ぐらいしても、全部で5点か6点ぐらいは
景品を確保することができるものです。

豪華なプレゼント

キッチンツールやクッキーの詰め合わせなど、1,000円台で
手に入る物もありますから、こういった物を上手く組み合わせれば
さらに点数を増やすこともできるでしょう。

高額な食品が景品の場合の注意点

高額な商品を、二次会で催すビンゴ大会の景品にしておけば、
参加者の増加が見込めます。

日本人が大好きなフグやカニ、エビ、アワビ、サザエなどの
魚介類を景品にすれば皆の士気が上がる事、請け合いです。

高価なプレゼント

またキャビアやトリフ、ワイン、フォアグラ、松茸などの高額食品も、
今ではビンゴ大会の景品として比較的簡単に採用出来ますので、
二次会の目玉商品として置いてみるのもオススメです。

ただ、高級な食品は保存方法がシビアだったりします。
普通の食材とは違い、徹底した温度管理と保存環境が求められます。

ワインやキャビア、松茸、フグ、カニ等は特に常温または
高温の場所に誤って放置し続ければ、あっという間に
ダメになってしまいます。

食材の保管に注意

幹事役の方は社内の冷蔵庫または、冷凍庫で正しく景品を
管理しなければいけません。

また生物はたとえ冷蔵庫に保管していても、鮮度が
落ちていきますので、大会当日や前日に業者から
品物が届くように調整したいところです。